佐賀バルーンフェスタで一斉離陸する時間帯はいつ?最も見やすい穴場はどこ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、tocです。

 

日本国内には数カ所熱気球(バルーン)の大会があります。

じつは佐賀県でも毎年バルーンフェスタが開催されているんですが行ったことはありますか?

佐賀インターナショナルバルーンフェスタは

毎年80万人~100万人

が訪れるアジア最大級のイベントです。

世界各国からバルーンのパイロットが集まり、100基以上の熱気球が空に浮かぶ光景は圧巻!

今回は、

佐賀バルーンフェスタでバルーンが一斉離陸とする時間帯とバルーンを見やすい穴場スポット

について調査したいと思います。

スポンサーリンク

【佐賀バルーンフェスタ2018】バルーンの一斉離陸にトリハダ!いつの時間帯がおすすめ?


佐賀バルーンフェスタの見所の一つといえば一斉離陸!

バルーンの一斉離陸でおすすめなのは競技の開始時間。

競技開始の時間帯はいつなのかというと

  • 7:00~
  • 15:00~

の1日2回開催されるのでこの時間帯を狙いたいですね。

バルーンは、天候次第では中止になる可能性もあり得ます…。

雨が降ったり風が強いと飛行ができないので(*_*)

絶対はないので例年の状況から考えると

  • 午後より午前の方が天候が安定していることが多い
  • 午前中の方が一斉離陸を見られる可能性が高い

と言えるでしょう。

早朝の一斉離陸を見るために朝早くから多くの来場者が訪れるため、電車や駐車場が大変混雑しますのでお気を付け下さい

人によっては混雑を避けるために、前日の午前0時頃の時間帯にはスタンバイしている猛者も…!

気合いの入り方が違います…。

バルーンが最も見やすい穴場はどこ?

双眼鏡で遠くをみる男の子の画像

ちなみに

バルーンが見やすい場所ってどこなんでしょうか?

3箇所紹介して4つ目は番外編みたいな感じで紹介しますね♪

バルーンが見やすい穴場スポット①:基本のメイン会場(ローンチエリア)が一番の迫力!

基本的に

河川敷沿いのメイン会場(ローンチエリア)にブルーシートを広げて空を見上げている方が圧倒的に多いです。

ターゲットのすぐ近くですと、会場の盛り上がりが直に感じられ一番おすすめな場所。

会場の様子が見られる動画を下に掲載しました。

こちらの動画は2017年佐賀バルーンフェスタのダイジェスト映像ですが「パイロット側」からGoProで撮影されています。

なかなか見ることのない飛行中の映像がとても新鮮!

【2017佐賀インターナショナルバルーンフェスタダイジェスト】

 

2:32にある「×」がターゲットで、砂袋(マーカー)を投げてより中央に近い所に落としたパイロットが勝利です。

2:20~で分かる通り、マーカーを落とす時に地上に近づき

観客との距離がすごく近くなるのもバルーンフェスタの魅力的な所。

ローンチエリアにたくさんの観客がいるのが分かりますね。

 

当然ながら

ローンチエリアはすぐに埋まるスポットですので、場所取りは早めにしておきたいですね。

※他の来場者の迷惑となるような場所取りはご遠慮下さい。

バルーンが見やすい穴場スポット②:ライブ中継観ながらゆっくりしたい方はうまかもん市場(イベント会場)

バルーン会場北側には、屋台やライブイベントが行われているうまかもん市場という広場が設けられています。

うまかもん市場には、大型スクリーンが設置されておりライブ視聴が可能。

加えて

ビール片手に佐賀牛のサイコロステーキを頬張る、なんてことも出来ます笑

 

バルーンが見やすい穴場スポット③:他の人とは違う角度が欲しいなら「メイン会場の対岸」はいかが?

メイン会場と川を挟んだ反対側の対岸でも見られます。

割りと人は少ないのですが、対岸に多いのは

撮影目的のカメラマンの方。

もちろん

一般の方でも行くことは出来ますが、周囲がカメラマンだらけだと落ち着かないかもしれません。

 

なぜカメラマンが多いのでしょう?

 

こちら側からは、

バルーンのリフレクション(水面に反射するバルーン)

を見られるため、狙い目の撮影スポットとなっている為です。

  • 天気が良い 
  • 風が穏やか

この2点が揃うと綺麗なリフレクションを見られますよ。

リフレクションは初心者でも上記の条件が揃えばいつもより綺麗に撮影できます。

なおかつ

あまり見ないアングルですので穴場のスポットと言えるでしょう。

ちなみに

この対岸へは簡単に向かうことが出来ますが、ぐるっと回ることを考えたら少し大変ですね笑

さらに

対岸はトイレがありますが少ないので注意が必要です!

以上を踏まえた上で

  • 普段とは違う方向で見たい!
  • リフレクションを見てみたいな~

と思われた方は是非おすすめですので行ってみて下さい。

南側の国道207号線を通って対岸に行くと良いですね。

 

 

3つ紹介しましたが

基本的な

ローンチエリア

がやはり最も見やすい場所ですね。

 

その中でも

ターゲット前あたりでスタンバイすると

目の前すれすれまでバルーンが下がってくるので、迫力ありでめちゃくちゃおすすめですよ!

番外編:プロの方の撮影スポットも穴場!

最後に紹介する穴場スポットは、プロの写真家もよく使っている場所です。写真を撮影する方向けですね♪

惹かれる写真は場所もすてきなんですが、どこで撮ったかわからないものもw

「こんな風景があったかぁ…!」

といつも感心します。

事前のリサーチが必要になりますが、思いもよらない場所が最高の穴場になるので探してみるとおもしろいですね。

※いまだにこの写真がどこから撮影されたのか分からないです笑

▼バスと川のシチュエーションに加えてリフレクションまで!

こちらはナショナルジオグラフィックに写真が掲載されたこともある写真家が撮影。

個人的にアングルがすごく好きです…!こういう写真に憧れます。

 

 

んー、穏やかなはずの写真ですが、しびれますッ

誰もいない穴場で撮影できたら、あなたの独壇場!

あなただけの穴場でバンバン撮影して下さい!笑

まとめ:時間帯と場所を抑えたらあとはスタンバイするのみ!

バルーンフェスタに行く際は、

  • 早朝は7:00
  • 午後は15:00

この時間帯に一斉離陸が開始しますので

遅くともこの1時間前までには、会場に到着して場所を確保しておきたいですね。

「1時間前って早過ぎじゃない?!」

と思った方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし!

むしろこれでもギリギリになる可能性はあります。

なぜなら

会場周辺は必ず混雑するからです。車行けば、駐車場が混雑。電車で行けば満員電車。

鉢合わせはまっぴらや…。

仮にスムーズに来て1時間前に到着したとしても、ぶらりと会場周辺を見て回ってみてもいいですね!

 

それでは

最後までご覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

CAPTCHA