セレブの誕生3話の感想やレビュー!一人でいるためなら協力しないとウンソクがシンミに伝えた理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

 

セレブの誕生、3話視聴しました!

2話ではオソン財閥の一人娘、シンミの命を事故から救ったソクボン。

1億ウォンの見返りを要求するソクボンに、シンミが条件付きで1億ウォンを渡すと言ってました。

ケチで有名なあのシンミが条件付きとは言え、お金を差し出すなんて。

その理由が明らかになった3話。

突然のガン宣告を受けて、治療のためにも1億ウォンが必要なソクボン。

なんとかしてシンミに食い下がりますが…。

1億ウォンの行方が気になりますね。

それでは、まずはセレブの誕生3話の感想を紹介します!

 

スポンサーリンク

セレブの誕生3話の感想やレビュー

済州島の土地の権利を奪い返せたら1億ウォンあげると言われたソクボン。

自分の命のためにも、なんとしても欲しい1億ウォン。

突然宣告されたガンですが、恥ずかしがってどこのガンなのか言わないんですよね。

だからシンミもまったく信じてない様子。

そもそもソクボンのことは金に目がない泥棒扱いしていたシンミ。

きっと1億ウォンほしさに同情を買っているんだと思ってるはず。

土地所有者があの手ごわいテヒだと知ったシンミ。

ソクボンごときにテヒから土地を奪い返せるわけがない、と鼻から思っていたようですね。

そのくらい厄介なテヒ。

 

ソクボンは直接コンタクトを何度も試みては失敗してました。

一度はウンソクに助けてもらったりして。

そしてついにテヒ攻略のヒントを得たソクボン。

新規ブランドの売買契約権を交換条件に土地を譲ってもらう、という名案を思いつきました。

単純な話ですが、ソクボンの機転はすごいですよね。

シンミも最初は半信半疑でしたが、自信満々のソクボンの様子に驚いていました。

 

セレブの誕生3話

引用:https://pc.video.dmkt-sp.jp/title/episode/id/10065763

 

結局いとも簡単に土地の権利との交換条件が成立。

ソクボンの知恵で掴んだ今回の成功。

シンミもこの一件でソクボンに一目置くなんてことはないでしょうか?

それにしてもソクボン。

セレブに憧れて、セレブにふさわしい立ち居振る舞いを勉強していたからか、なかなか素晴らしかったですね。

機転が利く頭の良さは、もしかして生まれた血筋?

でもプレゼンも上手ですし、勤務中も他のホテルマンより身なりや振る舞いに気を付けていますよね。

本当にセレブになりたいんですね。

ソクボンはお金欲しさに財閥同士の契約争いに首を突っ込んでますが、そんなことより体が心配。

どこなのか恥ずかしくて言えない、って言ってましたがガンウにそっと打ち明けてましたね。

「男なのに…」って言われていたので、恐らく乳ガン?でしょうか。

とにかく治療のために無事お金をゲットできたのか、気になります!

一人でいるために土地問題を挙げるなら協力しないと言ったウンソク、その理由を考察してみた!

シンミのことが大好きなウンソク。

シンミのためにアイスリンクの上で「サランへ~」ってピアノで弾き語りしたり、カクテルに指輪を忍ばせてみたり。

そんなウンソクからのサプライズは、ソクボンの一気飲みであえなく失敗でした。

ウンソクの気持ちには応えられないと頑固なシンミ。

そんなシンミに「一人でいるために土地問題を取り出すなら、俺は協力しない」とウンソク。

この言葉にどんな理由があるのか考えてみました。

 

引用:https://pc.video.dmkt-sp.jp/title/episode/id/10065763

 

自分へ指輪をプレゼントしようと準備していたウンソクに、シンミは怒り気味。

土地問題で大変だから、とウンソクの想いを受け取ろうとしないシンミ。

そんなシンミにかけた言葉でした。

ウンソクの言葉が予想外だったのかシンミはちょっとびっくりしてましたね。

ウンソクがこう言った理由。

考えられるのは、自分の想いを受け取れば、その土地問題は俺が解決してやるぞ。

ってことですよね?

土地問題の相手はテヒ、それを承知の上でウンソクは言っているはず。

確かにウンソクが大好きなテヒに、ウンソクから一言話せば済む問題。

そんな理由からの言葉かなと。

反対に、仕事を理由に一人でいるなんてやめておけ、っていう忠告も含んでいそう。

俺はいつでも待ってるよ的な感じかもですね!

まとめ

3話はソクボンの真価がいきなり問われた回でしたね。

シンミも絶対不可能だと思っていたテヒとの交渉をやり遂げたソクボン。

あのシンミも見る目が変わったに違いない!

と期待しています。

そしてウンソクからの熱い想いを断るシンミに、ウンソクがかけた言葉。

その理由は駆け引きなのか、はたまたシンミを真剣に想うからこそなのか。

両方の意味を含んでいそう。

でもどうか、駆け引きなしにシンミのことを想っていてほしい、と願うばかりです。

ソクボンの機転には感心しきりだった3話。

約束通り1億ウォンを受け取りにシンミの自宅に来たソクボン。

そこで自分が付けているネックレスの紋章と同じ印が入った封筒を見つけてました。

なんでここに~。

4話が楽しみです!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA