【福岡国際マラソン2019】注目選手一覧まとめ!優勝候補も予想してみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

いよいよ年末には2019年度の福岡国際マラソンが迫ってきました。2019年12月1日㈰の12時10分にスタートです。

平和台陸上競技場・大濠公園~福岡市西南部周回~香椎を折り返す42.195kmとなります。

今回の記事では

  • 福岡国際マラソン2019の注目選手一覧まとめ
  • 優勝候補の予想

これらを中心に紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

結論から言うと、今回の優勝候補は設楽悠太選手でしょう。

2019年9月15日に開催された東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」では序盤快走に走り出した設楽選手。

しかし、37km地点で9人に追い抜かれ、結果は14位とオリンピック内定は逃しましたが、福岡国際で優勝を目指してくれるのでは!と期待が高まります。

それではまずは注目選手から見ていきます。

 

 

スポンサーリンク

【福岡国際マラソン2019】注目選手一覧まとめ!

2019年の福岡国際マラソンの注目選手はズバリ、

  • 設楽悠太
  • 野口拓也
  • 服部勇馬
  • 園田隼
  • 荻野皓平

と予想しています!

注目選手1:設楽悠太

  • 名前:設楽悠太(したらゆうた)
  • 生年月日:1991年12月18日
  • 出身地:埼玉県
  • 所属:Honda
  • 自己ベスト:2:06:11(2018年東京2位)

前回、悔しくも優勝を逃したMGC。序盤からの暑さ対策が上手くいかず後半の失速が目立ちましたが、本大会は12月。

涼しくなってきている上、前回の屈辱を晴らしていただきたい一戦が注目です。

注目選手2:野口拓也

  • 名前:野口拓也(のぐちたくや)
  • 生年月日:1988年7月2日
  • 出身地:宮城県
  • 所属:コニカミノルタ
  • 自己ベスト:2:08:59(2017年 ゴールドコースト優勝)

野口選手の走りの特徴は後半に強いネガティブスピリットであるという点。

  1. 序盤は抑え気味の走り出し
  2. 他の選手が疲れてきた頃に残していたパワーを発揮する

といった走りは、本大会でもその粘り強さが発揮されるのではないかと期待です。

スポンサーリンク

注目選手3:服部勇馬

  • 名前:服部勇馬(はっとりゆうま)
  • 生年月日:1993年11月13日
  • 出身地:新潟県
  • 所属:トヨタ自動車
  • 自己ベスト:2:07:27(2018年 福岡国際1位)

昨年行われた福岡国際大会にて堂々の優勝を果たした服部選手。

9月に行われたMGCにおいても、後半の上りコースを諸ともせず圧巻の2位でゴールイン。見事にオリンピック内定を勝ち取った姿に拍手喝采でした。

今年の福岡国際でも2度目の優勝を狙っている有力候補です。

注目選手4:園田隼

  • 名前:園田隼(そのだはやと)
  • 生年月日:1989年4月5日
  • 出身地:熊本県
  • 所属:黒崎播磨
  • 自己ベスト:2:09:34(2018年別府大分2位)

マラソン選手では珍しい丸刈りが印象的な園田選手。

大学時代は注目を浴びる選手ではありませんでしたが、2016年の福岡で4位入賞を果たしてから注目が集まっています。

昨年の別府大分では日本人トップでフィニッシュしています。本大会でも目の離せない選手です。

注目選手5:荻野皓平

  • 名前:荻野 皓平(おぎの こうへい)
  • 生年月日:1989年12月8日
  • 出身地:奈良県
  • 所属:富士通
  • 自己ベスト:2:09:36 (2018年 東京)

最後は今年になり急激に伸びている荻野選手です。

2019年ハンブルグの大会では2時間10分15秒で走りきり、ワイルドカードの条件を無事にクリアした選手です。福岡国際での活躍にも期待が高まります。

スポンサーリンク

優勝候補は設楽悠太と予想!

5人の注目選手を挙げましたが、その中でも優勝候補は設楽選手です。

まずは、過去の実績を振り返ってみます。

開催年 タイトル 結果
2017年 東京マラソン 2時間09分27秒
(11位・初マラソン)
2017年 ベルリンマラソン 2時間09分03秒
(6位)
2018年 東京マラソン 2時間6分11秒
(2位・日本記録更新)
東京マラソンでの自己ベスト!
2018年 福岡国際マラソン 2時間10分25秒
(4位)
2019年 ゴールドコーストマラソン 2時間7分50秒
(1位・大会新記録)
2019年 MGC 2時間16分9秒
(14位)

2017年の東京をはじめとし、輝かしい実績を残しています。

中でも2018年の東京では2時間6分台です。

前回のMGCでは他の選手がサングラスや帽子で日差し・暑さ対策をしていたのに対し、設楽選手はこれらの対策が取れておらず、後半は暑さ負けしたと言われています。

その点、福岡国際は12月の大会ですし、自己ベストを出した東京も3月の開催でした。

今回悩まれた暑さの対策は必要なく、福岡国際では前回を上回る攻めの独走ぶりが見られるのではないかと予想しています。

どちらにせよ、30km以降をどう走りきるかが勝負の別れ目になりそうです。

今回は福岡国際での返り咲きを期待して優勝候補とさせていただきました。

まとめ

今回は

  • 福岡国際マラソン2019に出場する注目選手一覧まとめ
  • 優勝候補の予想

を紹介しました。

今大会の注目選手は

  • 設楽悠太
  • 野口拓也
  • 服部勇馬
  • 園田隼
  • 荻野皓平

です。注目選手を把握して大会を応援するとより楽しさが増すと思います!

そして優勝候補として設楽悠太選手をピックアップしました。やはり前回のMGCからの悔しさをバネにどれだけ対策ができるかでしょう。

今回の記事で紹介した選手に注目しながら、あなたも選手を応援していきましょう!

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA