スポンサーリンク

『ハベクの新婦』のあらすじや出演キャスト・主題歌は?感想とレビューも!

こんにちは!

2017年9月22日よりMnetにて日本初放送された『ハベクの新婦』は水の神ハベク(ナム・ジュヒョク)と人間のソア(シン・セギョン)の禁断のファンタジーラブストーリーです。

原作は韓国の少女コミックで、あの大ヒットドラマ『ミセン−未生−』の脚本家が原作とは異なるストーリーと結末に仕上げたという話題性も高いドラマです。

それでは『ハベクの新婦』のあらすじや出演キャスト・OST・感想を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

『ハベクの新婦』のあらすじは?

水国の神であり、神界の次期王になるハベク(ナム・ジュヒョク)は即位に先立ち、神石を受け取るため人間界に降ります。

しかし時空のねじれでトラブルが起き、神力も何もかも失ったハベクが出会ったのは精神科医のソア(シン・セギョン)。

自分は神だと言い放ち、言動も行動もおかしいハベクをソアは精神病患者だと勘違いしてしまいます。

神石を探す術を模索して、やっとハベクは人間界にいる天国の管理神ビリョム(コンミョン)と水国の管理神ムラ(クリスタル)を探し出したものの、何故か2人はハベクを避けて・・・

人間界で前途多難なハベクは無事に神石を手に入れ、神界に戻り、次期王になれるのでしょうか?

これから人間界で始まるハベクの予想不可能な運命から目が離せません!

『ハベクの新婦』の出演キャストは?

神と人間のファンタジーラブストーリーである『ハベクの新婦』はキャストも神のオーラを身にまとったような美しいビジュアルのキャスト揃いです。

美しい映像シーンにキャストが溶けこんで目の保養にもなりますよ!

そんな出演キャストを紹介していきましょう。

ハベク役:ナム・ジュヒョク

 

この投稿をInstagramで見る

 

#photobook

남주혁(@skawngur)がシェアした投稿 –

【プロフィール】

  • 名前:ナム・ジュヒョク(남 주혁)
  • 生年月日:1994年2月22日
  • 所属事務所:YGエンターテインメントYG KPLUS所属
  • 主な出演作品:『恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ』『麗〈レイ〉〜 花萌ゆる8人の皇子たち〜』『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』

モデル出身の長身で美しく鍛えられた筋肉の持ち主でありながら、ちょっぴり可愛い顔立ちで若手俳優では群を抜いて大人気のナム・ジュヒョク!

日本にもファンが多く、ペンミが開催され、毎回大盛況です。

これまで学生役が多かったですが、今回は水の神の役ということもあり、少し大人なナム・ジュヒョクを見せています。

オレ様的な神ハベクが人間のソアと恋をして、嫉妬したり心配したり、恋い焦がれていく様がとてもキュンとしますね。

ユン・ソア役:シン・セギョン

 

この投稿をInstagramで見る

 

❣️

신세경(@sjkuksee)がシェアした投稿 –

【プロフィール】

  • 名前:シン・セギョン(신세경)
  • 生年月日:1990年7月29日
  • 所属事務所:ナム・アクターズ
  • 主な出演作品『匂いを見る少女』『ファッション王』『男が愛する時』

ラブコメから本格時代劇まで数多くのドラマや映画に出演しているシン・セギョン。

コメディ『明日に向かってハイキック』の頃から現在に至るまでビジュアルが変化することなく可愛さを維持し続けている童顔美人女優の1人です。

今回は神と運命の恋に落ちるソアを演じていて、ツンデレなハベクの予測不可能な行動や言動に振り回されます。

でも、しっかり現実を受け入れて健気に生きるソアの役がピッタリです。

ムラ役:クリスタル(チョン・スジョン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@ohboymagazine

KRYSTAL(@vousmevoyez)がシェアした投稿 –

【プロフィール】

  • 名前: クリスタル(チョン・スジョン)(정수정)
  • 生年月日:1994年10月24日
  • 所属事務所:SMエンターテインメント
  • 主な出演作品:『ハイキック3〜短足の逆襲〜』『相続者たち』『賢い監房生活』

クリスタルは韓国アイドルグループf(x)のメンバーであり、元少女時代のメンバー、ジェシカの妹だということで有名です。

アメリカ出身で英語はもちろん堪能で、美しく、スタイル抜群の彼女は女性にとっても憧れの存在として人気があります。

女優として活動も増え、ドラマだけでなく、今後は映画への出演も決まっていて、もっと活躍する姿が見れそうです。

その他の出演キャスト

その他のキャストですが、ほんとうにイケメン揃いで、甲乙つけがたいですが、大人の魅力あふれるシン代表を演じたイム・ジュファンが一押しです。

主役ではないけれど、いろんなドラマで要になる役を演じている味のある俳優です。

これからもっとブレイクしそうな予感!

ビリョム役:コンミョン

シン・フエ役:イム・ジュファン

ジンゴン役:キム・テファン

『ハベクの新婦』のOSTを調べてみた!

ハベクとソアの運命の恋が『ハベクの新婦』ではキュンキュンするシーン満載で描かれていますが、OSTも美しいメロディや軽快なポップのものまで耳に残るステキなラインナップです。

そんな中でもキム・イジ(Ggotjam Project) の「Pop Pop」という曲をご紹介します。

キム・イジは人気韓国ドラマ『またオヘヨン』や『トッケビ(鬼)』などのOSTに数多く参加している女性アーティストです。

澄んだ歌声が美しく、今後大活躍が期待されています。

この「Pop Pop」という曲は気持ちが揺れて、いろんな色の心の様に戸惑う感じが甘くて好きです。

恋の爽やかさが表現されていて、ハベクとソアのカップルにピッタリですね。

『ハベクの新婦』を見た感想とレビュー

ナム・ジュヒョクファンの私にとっては韓国ドラマ『ハベクの新婦』はキャストもストーリーすごく高評価でした!

ハベクは神さまだからやたらと言葉も偉そうで、ソアに何かしてやるたびに「光栄に思え!」と宣っておりました。

本当は、愛しくて心配で何かせずにはいられないのに照れ隠しが下手で可愛かったです。

きっとナム・ジュヒョクファンならずとも、ハベクの神々しい魅力にハマるんだろうなぁと思わずにいられないドラマでした。

さて、ドラマを見た他の方々はどのような感想だったのかSNSでリサーチしてみました。

ハベクにキュンキュンした、ハベクの神語録に笑った、ストーリーが切なかったけどラブコメ要素もありで面白かったという口コミが多い印象です。

このドラマでナム・ジュヒョクと韓ドラのトリコになった方が多数出た模様です笑。

まとめ

韓国ドラマ『ハベクの新婦』のあらすじや出演キャスト・OST・感想についてまとめてみました。

神の世界にいる時の神スタイルのハベクも素敵でしたが、やっぱり人間界にいる時の無力のハベクが好きです。

神であっても愛する人の前では時に愚かになってしまうものだと思う反面、それが意味深く感じられました。

やっぱり、ラブファンタジードラマは良いですねっ!

是非一度、ご覧くださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました