【箱根駅伝2020】東海大学メンバーの注目選手を一覧でまとめてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

毎年恒例の箱根駅伝、今回私が注目するのは今年の箱根優勝校の東海大学です。

今回は箱根駅伝2020において東海大学の注目選手を一覧にしてまとめました。

中でも特に注目なのが關颯人(せきはやと)選手です。その理由としては、実力者が揃う東海大学の中でもトップレベルの実績をもつ選手だからです。それではさっそく注目選手を見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

【箱根駅伝2020】東海大学メンバーの注目選手一覧まとめ!

箱根駅伝2020の注目選手はズバリ、

  • 關颯人(せきはやと)選手
  • 阪口竜平選手
  • 鬼塚翔太選手
  • 羽生拓矢選手
  • 名取燎太選手

と予想しています!詳しく見ていきますね。

關颯人(せきはやと)選手:昨年の悔しさを晴らす走りに注目

  • 名前:關颯人
  • 生年月日:1997年4月11日
  • 出身地: 長野県
  • 学年:4年
  • 自己ベスト:5000m 13分35秒81  10000m28分23秒37

佐久長聖高校時代に全国高校駅伝1区区間賞、大学入学後もU20世界選手権に出場するなど順調に力を伸ばしてきた關選手。

その実力もさることながら、178cmの長身に端正なルックスで非常に人気のある選手です。

しかし、優勝した今年の箱根駅伝に関しては、1区当日変更で補欠になるという大変悔しい思いをしています。

今年に関しては

  • 関東インカレ5000m 12位
  • 日本インカレ5000m 11位

とやや精彩を欠いていますが、ここから調子を上げて、箱根駅伝2020は今年の悔しさをバネに世代トップ選手らしい走りに期待です。

阪口竜平選手:2区日本人歴代最高記録の更新に注目

  • 名前:阪口竜平
  • 生年月日: 1997年4月5日
  • 出身地:京都府
  • 学年:4年
  • 自己ベスト:5000m 13分41秒09 10000m30分12秒24

今年の箱根駅伝2019では7区を好走、先頭を走る東洋大学との差を詰め、逆転優勝のきっかけを作ったのが阪口選手です。

今季も好調を持続しており、関東インカレと日本選手権の3000m障害で優勝しています。

実はこの日本選手権3000m障害は、昨年2区で日本人歴代最高となる1時6分45秒を記録した塩尻選手に勝っての優勝でした。

また、今年の阪口選手は3000m障害において、昨年の塩尻選手が記録した8分29秒台を2回も記録しており、箱根駅伝2020でも塩尻選手に匹敵する走りができるのか注目です!

鬼塚翔太:スピードのあるダイナミックな走りに注目

  • 名前:鬼塚翔太
  • 生年月日:1997年9月13日
  • 出身地:長崎県
  • 学年:4年
  • 自己ベスト:5000m 13分38秒58 10000m 28分17秒52

1年生の頃から主力選手として活躍してきた鬼塚選手。

箱根駅伝も1年生から3年連続出場しており、優勝した今年の箱根駅伝でも序盤の流れを決める大切な1区を走りました。先頭と8秒差の区間6位と、優勝に貢献する走りを見せましたね。

今シーズンのトラックシーズンは日本選手権5000mで、最後まで実業団選手と競合い「13分47秒44」の9位と入賞まであと一歩という好成績を収めています。

スピードが要求される5000mを走ってきた鬼塚選手の特長は、バネが効いたダイナミックで美しいフォーム。

駅伝での順位変動もさることながら、トラックで鍛えた鬼塚選手の美しいフォームにも注目です!

羽生拓矢:復活の走りに注目

(画像左)

  • 名前:羽生拓矢
  • 生年月日:1997年11月8日
  • 出身地:千葉県
  • 学年:4年
  • 自己ベスト:5000m 13分52秒98 10000m 29分03秒72
高校1年生 5000m
14分00秒55
(高校1年歴代2位)
高校2年生 5000m
13分52秒98
(高校2年歴代4位)
高校3年生 全国高校駅伝の1区
区間2位

高校3年時の全国高校駅伝1区では、現チームメートの關選手、鬼塚選手、阪口選手と競合い、關選手に続く区間2位という実績を持ちます

しかし、大学入学以降は怪我に苦しんでおり、駅伝で結果を残せていません。

昨年12月の10,000mでは29分18秒を記録するなど非凡な才能を覗かせる結果を出しています。今年は試合に出場しておりませんが、潜在能力が高い選手だけに、ここからの巻き返しに注目です。

名取燎太:箱根初出場で区間賞獲得なるか

(画像右端)

  • 名前:名取燎太
  • 生年月日:1998年7月21日
  • 出身地:長野県
  • 学年:3年
  • 自己ベスト:5000m 13分52秒61 10000m 29分26秒60

高校から実績のある名取選手。

  • 高校時代の5000mのタイムは13分52秒61
  • 全国高校駅伝の1区でも区間賞

を獲得しています。

しかし、大学では故障に苦しみ昨年まで駅伝の出場はありません。

ところが、今期は関東インカレのハーフマラソンで5位入賞、10月の札幌マラソンのハーフマラソンの部で1時間2分44秒の大会記録で優勝するなど本来の実力を発揮し始めています。

箱根駅伝2020に出場となれば箱根駅伝デビュー戦となりますが、区間賞を取る力は十分にありますので、初出場でいきなりの区間賞を取れるか目が離せません。

まとめ

今回は箱根駅伝2020の東海大学の注目選手を一覧でまとめました。

最近の箱根駅伝では、4連覇をした青山学院大学、箱根駅伝2019で8区まで首位を走った東洋大学など、前半に主導権を握った大学が終盤までトップでレースを進めていく傾向があります。

そのため、今回紹介した選手の中でも特に、往路の主要区間への配置が予想される

  • 關選手
  • 阪口選手
  • 鬼塚選手

の走りが東海大学の箱根連覇に大きく影響してきますので、是非注目してみてください!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA