十五夜(中秋の名月)2019を大阪で綺麗に見える場所は?方角やピーク時間はいつ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

2019年9月13日㈮は中秋の名月(十五夜)ですね。各地で観月会が予定されているのではないでしょうか。

あなたは大阪で綺麗に見れる場所を探していますよね?

友人や家族、恋人同士などシチュエーションは様々かと思いますが、この記事では中秋の名月を楽しむために次のポイントについて調べてみました。

  • 十五夜(中秋の名月)2019を大阪で綺麗に見える場所
  • 方角やピーク時間はいつ?

それではさっそくみていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

十五夜(中秋の名月)2019を大阪で綺麗に見える場所は?

大阪でも中秋の名月に合わせて観月会が開催されています。その中でもおすすめなのが

  • 住吉大社
  • 大阪天満宮
  • 大阪城

それではひとつずつ見ていきましょう。

住吉大社の観月祭:毎年中秋の名月に開催される大阪を代表するお祭り!

住吉大社の観月祭は毎年十五夜に開催されるお祭り。大阪を代表するお祭りのひとつです。

提灯の明かりや松明が照らされてとても風情がありますね^^

ただし、画像を見ると分かるように来場者が多く混雑が予想されます。小さなお子様を連れて行く場合ははぐれないように十分注意しましょう。

大阪天満宮:秋思祭は静かな祭りで風情を感じる

秋思祭はガヤガヤする感じではなく、静かな雰囲気で行われる神事です。

厳密にはお月見のイベントではないですが、風情を感じられます。

 

大阪城:お城のライトアップがステキ!

大阪城は中秋の名月の時はすこし暗めにライトアップして月がより綺麗に見えるよう工夫されています。

夜10時にはライトアップは終わるため、翌日お仕事や用事がない方はゆっくり見ていっても良いですね^^

 

スポンサーリンク

方角やピーク時間はいつ?

十五夜(中秋の名月)を楽しむ上でポイントになるのは、方角とピーク時間ですよね。

国立天文台暦計算室によると、大阪で月が出てくる時間帯が18:01頃。まだ月の位置が低いので隠れて見えない場合があります。

21:00頃になると高く上がり綺麗に見えるのでおすすめです。

基本的に真上に来た時がいちばん綺麗に見えると言われており、方角は南側を注目しましょう^^

まとめ

2019年の十五夜(中秋の名月)は9月13日㈮です。(満月は翌日14日!)

大阪で十五夜を楽しみたい方に向けて、綺麗に見える場所や方角・ピーク時間はいつか調べて紹介しました。

観月会でおすすめの場所が

  • 住吉大社
  • 大阪天満宮
  • 大阪城

です。他にもイベントが開催されているので近い所で探すのもありですね!

ピーク時間は0時頃ですが、19時~21時頃でも綺麗に見えるかと。南側に注目してみましょう!

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA