紅白歌合戦2019/2020一般観覧(番協)の募集や当落の結果発表日程はいつ?抽選倍率も調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

年末年始の楽しみと言えば『紅白歌合戦』ですよね。年末の風物詩と言っても過言ではないかと。

この記事を読むあなたは、

  • 紅白を会場で見るにはどうすればいいの?
  • 一般観覧できるの?
  • 抽選って聞いたけど倍率どれくらいなの?

などの疑問があってたとえば「紅白歌合戦2019(2020) 一般観覧」などで検索していたと思います。

そこで今回は、

  • 紅白歌合戦2019/2020一般観覧(番協)の募集はいつ?
  • 抽選倍率
  • 当落の結果発表日程

これらを中心にリサーチしてわかりやすくまとめました。

結論から言うと、紅白歌合戦2019/2020の観覧募集は2019年9月19日時点で未定ですが、例年10月上旬から2週間ほど募集期間が設けられます。

そして申し込みは郵便はがきのみ。このご時世ですが、電話やネットの申込みはありません。はがき申し込みに関しても注意事項がありますので、ぜひ最後までご覧ください!

 

 

スポンサーリンク

紅白歌合戦2019/2020一般観覧(番協)の募集や当落の結果発表日程はいつ?

先述した通り、2019年9月19日時点で一般観覧(番協)の募集は未定です。

ただ例年10月上旬から2週間ほど一般観覧の募集がある事が分かっています。

ちなみに昨年の募集期間が、

  • 募集開始:2018年10月5日~
  • 2018年10月22日必着

となっていました。

注意が必要なのが、「消印有効ではない」点です。指定日必着なので、応募する際は早めの準備を心がけましょう。

今後NHKの公式サイトやTwitterなどで告知があるはずですので、見逃さないようにチェックです。

そして当落結果ですが、2018年は12月初旬に当選結果が届いていました。紅白歌合戦は落選した方にも通知が届くようになっています。

スポンサーリンク

抽選倍率が800倍越え!?

多くの方が視聴する紅白歌合戦。なんと抽選倍率が750~800倍と言われています…!

NHKホールの席数を調べてみると3,601席。

 

NHKホールの客席数

引用:https://eplus.jp/sf/venue/1500080

 

 

これだけ高い当選倍率だと当たった時の嬉しさは尋常じゃないかと^^;

ちなみに同じ時期に開催されるカウントダウン・ジャパンの倍率は数十倍と言われているので、なかなかに高い倍率だと言えます。

スポンサーリンク

応募方法は郵便はがきのみ!

ネットが広く普及したこのご時世ですが、応募方法は郵便はがきのみとなっています。(ディスってないです)

ネットで募集すれば手間も省けると思うけどなぁ(個人的な感想)

応募が無効になる場合があるので、下記の点に注意しましょう。

  • 郵便はがき以外で申し込んだ場合→ご自身で作ったオリジナルはがき、観光地で販売されているようなはがきは×
  • 不備があるはがき→紙やシールの貼り付けや修正テープ等の使用×
  • 郵送以外の方法→直接持ち込みなど×
  • 締切日以降に届いたはがき

いずれにしてもたいせつなことは

  • 郵便はがきで申し込む
  • 締切日までに必着
  • 不備がないかしっかり確認する

この3点は特に気を付けましょう^^

まとめ

「紅白歌合戦2019/2020一般観覧(番協)の募集や当落の結果発表日程はいつ?抽選倍率も調査」と題して記事を紹介しました。

2019年9月19日時点で詳細は未定ですが、例年通りでしたら

  • 10月初旬から一般観覧(番協)の募集開始
  • 募集期間は2週間
  • 当落結果は12月初旬?
  • 郵便はがきのみ(ネットや電話申し込みはできない)
  • 倍率は750~800倍ほど

このようになるかと!

また詳しい情報が分かり次第追記しますね^^

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA