ラブレイン第2話の感想やレビューは? ユニが気持ちを伝えない理由を考察してみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

 

今回は楽しみにしていたラブレイン第2話の感想です。

前回の話は、イナがユニに一目惚れをしてひょんなことから彼女の日記帳を手にします。

日記帳を渡すタイミングを失い、持ち続けるイナ。

イナはユニに彼女の大切な日記帳を返すことができるのか?

 

そして、イナの親友のドンウクもユニが好きになってしまい、三角関係になります。

イナはドンウクもユニのことが好きなのだと知りますが、自分も彼女のことが好きだと言い出せないままドンウクを応援する形になってしまいました。

イナは恋と友情、どちらを選ぶのか!?楽しみですね!!

 

 

スポンサーリンク

ラブレイン第2話の感想やレビュー

優しいイナは親友のドンウクにユニを譲ることを決めます。(決断早いな!)

自分さえ我慢すれば問題ないのだから・・・と。

そしてユニの日記帳の情報から、彼女の好きなものをドンウクに教えてアドバイスをしてしまいます。

ドンウクはイナのアドバイス通りに彼女の好きな花をあげたり、映画に誘ったりと猛アピールを開始。

イナはユニと一緒にいることが辛くなってしまい、ユニを避けるようになってしまいます。ユニはイナのことが気になっているのに…

 

切ない!そして、もどかしい!!

私はイナ派なので、2人が早く付き合っちゃえばいいのに!と思いました。(でも、親友を優先する優しいイナも好き(笑))

 

ある会話の中で、【イナは好きな人しか(人物画として)描かない】ということを仲間のみんなが知ります。

イナのことが好きなヘジョンは「誰を描くか楽しみね」なんて言いながら、自分を描いてほしいと思っています。

そんな時、事件が!!

ユニが、イナが描いた「ユニの絵」をたまたま見てしまいます。(キャー////)

そこで第2話が終了です。

 

続きが気になりすぎる・・・!(笑)

今回はイナの表情が切ないシーンがたくさんあって、心がキュッとなりました。

「イナさんのこと気にしてなんかいないよ」って笑顔で言った後、窓から切ない表情でイナを見つめるシーンなんて・・もう(涙)

 

好きな人を諦める決心をするも、この気持ちは止められないと気づいてしまう。

そして絵を見てイナの気持ちに気づいたかもしれないユニ。私の予想では、ユニもイナのことが好きだと思うんです。

これから2人はどのような行動をとるのか!?第3話が楽しみですね!

どうしてユニはイナのことが好きだと言わないのか考察してみた

ユニがイナに「私も好き」と一言伝えれば、2人はハッピーエンドで結ばれるのに…。

なぜ気持ちを伝えないのか考えてみました。

理由1:ヘジョンがイナのことを好きだと知ってしまったから

ヘジョンとユニが2人で話しているとき、ヘジョンがユニに「私はイナ先輩が好き。秘密だよ!」と告白してしまいます。

それを聞いて、ユニは自分の気持ちに蓋をしてしまったのかなと思いました。

自分はドンウクに好かれ、アピールされている。そして仲間みんなが(イナまでも)ドンウクと付き合うことを望んでいる。

そんな状況になったらイナのことを好きだなんて言えなくなりますよね。

理由2:イナがグループに来やすくするため?

ユニが「イナがユニに好かれていると勘違いしている。だから避けている。」というインスクとヘジョンの会話を聞いてしまいます。

ユニは自分のせいでイナがグループに居づらいと思ってしまったのだと思います。

本当は好きだけど、彼をグループに来やすくするために自分の気持ちを伝えなかったのかなと思いました。

まとめ

ドンウクにユニを譲ると決心するも、この気持ちは止められないと気づいたイナ。

そしてユニに絵を見られてしまい、自分の気持ちがバレてしまったかもしれない。

この先2人はどうするのか?!

 

ユニが自分の気持ちをイナに伝えれば2人は幸せになれるのに、なぜ伝えないのか考えてみましたが、

  • ヘジョンがイナのことを好きだと知ってしまったから
  • イナがグループに来やすくするため

だと思います。

とりわけ、ヘジョンがイナのことを好きだと知ってしまったことが有力だと思います。

 

今回も日記帳を返さなかったイナ。

この先、返す機会はあるのか?(そもそも、返す気があるのか?)そこも気になります!

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

CAPTCHA