韓国ドラマ『眩しくて』のあらすじや出演キャスト・OSTは?感想やレビューも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年5月18日にKNTVにて放送される『眩しくて』。

心温まるあらすじで、最後まで涙無しでは見ることのできないハートフルラブストーリーです。

若手俳優とベテラン女優が恋愛だけでなく、家族のあり方や苦難との向き合い方などが描かれています。

 

 

スポンサーリンク

『眩しくて』のあらすじは?

アナウンサー志望のキム・ヘジャは、タクシー運転手の父親キム・テサンと美容室を経営する母ジョンウン、そして失業者の兄キム・ヨンスと平凡な暮らしを営んでいました。

ヘジャの家庭は貧乏だったため、自分がアナウンサーになって家族に良い暮らしをさせてあげたいと思っていましたが、現実はそう上手くはいきません。

 

そんなヘジャは、ある特殊な時計を持っていました。それは、時間を巻き戻せる時計です。

 

幼い頃その時計を海辺で拾ったヘジャは、もっと眠りたいのに学校に行かなければならないときや、テストの点数が悪かったときなど、様々な場面でその時計を使って時間を巻き戻していました。

 

しかし10歳頃になると、自分が他の子たちよりも早く成長していることに気付きます。

時間を巻き戻した分だけ、歳を重ねてしまうのです。

そのことに気付いたヘジャは、10歳から時間を戻すことを止めていました。

 

ある日、ヘジャは記者志望の青年イ・ジュナに出会います。

 

アルコール中毒の父親に苦しめられながら祖母と暮らすジュナは、心に傷を抱えて生きていました。

孤独を抱えながら他人と距離をとるようにして生きてきたジュナですが、明るく前向きなヘジャに惹かれるようになるのです。

 

 

そんなある日、ヘジャの父親テサンが交通事故で命を落としてしまいます。

悲しみに暮れるヘジャは、父親の事故をなんとか防ごうと、あの時計を使って時間を戻そうと試みますが、なぜか上手くいきません。

ようやく時間を戻すことに成功し父親の命を救ったとき、ヘジャは70歳になっていました。

 

時間を戻しすぎたせいで、一気に歳を取ってしまったのです。

 

ジュナは、年老いたヘジャが自分の好きな女性であるとは、当然全く気が付きません。

そして二人の人生が大きく変化し始めるのでした。

『眩しくて』の出演キャストは?

出演キャストには、日本でも人気のナム・ジュヒョクさんとハン・ジミンさん、そしてベテラン女優のキム・ヘジャさんが名を連ねています。

イ・ジュナ役:ナム・ジュヒョク

 

View this post on Instagram

 

❤️

남주혁さん(@skawngur)がシェアした投稿 –

 

【プロフィール】

  • 名前:ナム・ジュヒョク 남주혁
  • 生年月日:1994年2月22日
  • 所属事務所:YGエンターテインメント

【主な出演作品】

『麗〈レイ〉〜花萌ゆる8人の皇子たち〜』『恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ〜』『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』

若い頃のキム・ヘジャ役:ハン・ジミン

 

View this post on Instagram

 

. New York Asian Film Festival~🎬 Winter showcase! . #NYAFF #1st #ambassador #Missbaek

Hanjiminさん(@roma.emo)がシェアした投稿 –

【プロフィール】

  • 名前:ハン・ジミン 한지민
  • 生年月日:1982年11月5日
  • 所属事務所:AMエンターテインメント

【主な出演作品】

『屋根部屋のプリンス』『イ・サン』『カインとアベル』

 

年老いたキム・ヘジャ役:キム・ヘジャ

【プロフィール】

  • 名前:キム・ヘジャ 김혜자
  • 生年月日:1941年10月25日
  • 所属事務所:KMDb

【主な出演作品】

『宮(クン)』『優しくない女たち』『ディア・マイ・フレンズ』

その他の出演キャスト

  • ソン・ホジュン
  • アン・ネサン
  • イ・ジョンウン

眩しくてのOSTを調べてみた

『眩しくて』のOSTには、様々なドラマのOSTを手掛けてきた人気の男性グループ、チャン・ドクチョルが参加しています。

チャン・ドクチョルが手掛けた「暖かくなる」は、この傷を背負ったまま生きてきたジュナの雰囲気にぴったりのバラードナンバーです。

その他には、Maytreeが歌う「私の心の中にはいつも」、Vincentによる「I Just Set It Up」などがあります。

 

暖かくなる YouTube音源
私の心の中にはいつも YouTube音源
I Just Set It Up YouTube音源

韓国ドラマ『眩しくて』を見た感想

韓国国内でのあらすじの感想や評価も高く、高視聴率を記録した『眩しくて』。

幅広い年齢層の出演キャスト陣も話題となりました。

恋愛が中心となるあらすじかと思いましたが、それだけでなく「短い人生をどのように生きていくのか」について描かれているドラマでした。

とにかく泣ける、というのが1番の感想です。

 

70歳になってしまったヘジャですが、心はまだジュナの出会った頃のまま。

しかし、ジュナは目の前にいる年老いた女性が自分の愛する女性であるのは気が付きません。

見ている側としては、とても切ない気持ちになりました。

 

タイムトラベル系のあらすじのドラマの感想は、毎回「切ない」なのですが、やはりこのドラマもとても切なかったです。

 

一度歳を取ってしまったらもう元には戻れないので、年老いた体のまま、短いこの先の人生を歩んでいくことになってしまいます。

その事実にとても苦しみながらも前向きに生きようとするヘジャの姿に、毎回泣かされてしまいました。

また、孤独な青年を演じたナム・ジュヒョクさんの演技にもとても感動しました。

 

出演キャストのひとり、キム・ヘジャさんは韓国国内では「国民の母」とも呼ばれる程の大ベテラン女優さんなのですが、そんな女優さんと若手女優であるハン・ジミンさんが同一人物を演じているという点もとても面白かったです。

 

70歳の姿になっても幼稚な喧嘩を繰り広げるヘジャと兄のヨンスのシーンは、とても可愛らしかったです。

ヘジャの両親など、脇を固める出演キャストもとても素晴らしかったですね。

ドラマを見た人たちの感想は「泣ける」というものが多かったのですが、本当にその通りでした。

 

 

人生には予期せぬ出来事や辛いこと、苦しいことがたくさんあります。

それでも短い人生をどのように生きていくのか、家族の愛がどれほど素敵なことなのかを教えてくれるドラマです。

 

まとめ

以上、『眩しくて』の出演キャストや感想・あらすじ、OSTなどのご紹介でした、

見終わったあとには心が洗われるような、暖かい気持ちにさせてくれるハートフルラブストーリーとなっています。

泣けるドラマが見たいという方におすすめです。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

CAPTCHA