マイケルノーマンの出身大学・戦績・年収は?両親(母・父)や経歴やプロフィールを調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

アメリカ陸上界でいま注目を浴びている選手のひとりがマイケルノーマン選手。

世界陸上2019の400mに出場しますが、初めての世界大会になります。

実はマイケルノーマン選手は日本にルーツを持つ方との事で、気になった点をいくつか調べてみることに!

この記事では

  • マイケルノーマンの出身大学・経歴やプロフィール
  • 戦績や年収は?
  • 両親(母・父)

といった点を中心にリサーチしました。

実は母親が日本人の方で、なんと両親ともに陸上選手だった経歴があることが判明!それでは早速詳しく見ていきましょう。^^

 

 

スポンサーリンク

マイケルノーマンの出身大学・戦績・年収は?経歴やプロフィールまとめ!日本にルーツがある

まずはじめにマイケルノーマン選手のプロフィールや経歴からみていきましょう

プロフィールや経歴は?出身大学を調査

 

この投稿をInstagramで見る

 

F O C U S E D #JustLikeMike

Michael Normanさん(@michaelnorman22)がシェアした投稿 –

【プロフィール】

  • 名前:マイケル・ノーマン
  • 出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州出身
  • 生年月日:1997年12月3日(2019年9月23日時点21歳)
  • 出身大学:南カリフォルニア大学(在学中)
  • 身長:185cm
  • 体重:82kg

マイケルノーマン選手の体格を見ると、かなりガッチリした体格なのが分かるのではないでしょうか?

日本代表のサニブラウン選手が身長190cm、83kgなのでだいたい同じくらいの体格です。

余談ですが、おなじく日本代表の小池祐貴選手は173cm・75kgと小柄な方でした(筋肉がスゴイのでそうは見えないのですがw)

【経歴】

さて、話をマイケルノーマン選手に戻しましょう。

小学5年生の頃から陸上をはじめましたが、

  • 野球
  • バスケ
  • サッカー

も同時にやっていたのだとか。

恵まれた体格ですし、おそらくどのスポーツでも良い結果を残したかもしれません!

なぜその中から陸上を選んだのか?

理由は自分の成長が記録として残るため、それがやりがいに繋がるとコメントしていました。2013年頃から200mと400mに専念しています。

ちなみに現在在学中の南カリフォルニア大学はオリンピック選手も数多く輩出している大学で、リオ五輪の時は南カリフォルニア大学出身者のメダリストが6名いたという結果も!(同立3位。1位はスタンフォード大学出身者11人)

ウサイン・ボルト選手が引退してから、次世代のスーパースターとして注目を集めるマイケルノーマン選手。

一躍注目を集める事になった戦績が実は2018年の大会。次の章で詳しく見ていきますね。

マイケルノーマンの戦績は?

さてマイケルノーマン選手の戦績や現在の年収について見ていきましょう。

2018年の「全米学生選手権男子400m」で世界歴代6位の記録となる43秒61を記録。この戦績により一気に世界から注目を集める事になります。

ちなみに2019年9月23日リサーチ時点の男子400m世界記録がこちら。

第1位
ウェイド・バンニーキルク
(南アフリカ)
43秒03
第2位
マイケル・ジョンソン
アメリカ
43秒18
第3位
ブッチ・レイノルズ
アメリカ
43秒29
第4位
ジェレミー・ウォリナー
アメリカ
43秒45
第4位
マイケル・ノーマン
アメリカ
43秒45

さらに記録を伸ばして世界第4位の位置に付けています…!

2019年5月19日に大阪で開催されたセイコーゴールデングランプリ・男子200mでは19秒84の大会新記録を樹立。

この大会の日本人トップが山下潤選手の20秒75。1秒以上の圧倒的な差を付けて勝利していますね(;・∀・)

年収はいくら?

プロの陸上選手の年収は500万~1,000万ほどという情報がありましたが、くわしい年収はわかっていません。

もちろん世界で活躍するトップアスリートとなれば、スポンサーの広告塔としてかなりの年収を稼ぐはずです。

ちなみにウサイン・ボルト選手の年俸・賞金が2億円ほどといわれています。

「え、これだけ??」

と思ったのですが、他にもCMやスポンサー収入もありました。

なんとそれらの収入を加えると年収30億を越えているとも…!

世界中から注目を集めるトップアスリートともなれば、年収ウン十億も夢じゃないということでしょう(;・∀・)

スポンサーリンク

両親(母・父)も陸上選手!母親は中学時代に女子100m日本中学記録を樹立した実力者!

実はマイケルノーマン選手の両親は母親、父親ともに陸上短距離選手。

母親は静岡県浜松市出身の日本人の方。実は母親の伸江さんは中学時代、当時の女子100m日本中学記録を樹立した方なんです…!

マイケルノーマン選手、超サラブレッドじゃないですか!!

もちろんいままでの努力はありますが、両親の陸上の才能をしっかり引き継いでいますよね^^

ご両親の情報は一般の方ですし、詳しいことはわかっていませんが世界陸上をきっかけに日本でも注目を浴びる事は間違いないかと思うので、今後何か分かり次第追記します^^

まとめ

今回は陸上短距離のマイケルノーマン選手について

  • 経歴やプロフィール
  • 出身大学
  • 戦績や年収
  • 両親(母親・父親)

について調べてみました。

特に日本人の母親を持ち、両親ともに陸上選手&母親は当時の日本記録保持者など驚くことばかり^^;

世界陸上2019が初めての世界大会となり、今後陸上界を牽引するトップアスリートの1人なのは間違いありません。

メディアへの出演も増えるはずですので、今後の活躍に注目しましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA