【映画版】チーズインザトラップのあらすじや出演キャスト・OSTは?感想やレビューも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

 

2019年5月12日にKNTVにて放送される【映画版】チーズ・イン・ザ・トラップ。

カリスマ性溢れる先輩と不器用な女子大生によるラブストーリーです。

恋愛が軸ではありますが、ミステリー的な要素も感じられるあらすじとなっています。

 

 

スポンサーリンク

【映画版】チーズ・イン・ザトラップのあらすじは?

イケメンで優しく優秀、カリスマ性溢れるユ・ジョン先輩は、学校中の憧れの的です。

ミステリアスな空気をまといながらも、優しく微笑むユ・ジョンに周囲の女性たちは夢中になります。

しかし、ホン・ソルだけは違っていました。

ユ・ジョンと同じ大学に通う女子大生ホン・ソルは、不器用だけれど一生懸命な、普通の女の子です。

そんなホン・ソルは、ユ・ジョンには裏の顔があることに気付いてしまいます。

ユ・ジョンは、実は冷徹な顔を持った人だったのです。

そしてユ・ジョン先輩も、ホン・ソルが自分の本当の顔に気付いていることを知り、嫌がらせまがいの行動を取り始めます。

同じ学科の後輩がいるときにはソルに優しいのに、二人きりになるとソルを完全に無視したり、皆が気付かないような巧妙な手口でソルを追い詰めていくジョン。

そんなユ・ジョンの嫌がらせに耐えきれなくなり、ホン・ソルは大学を休学してしまいます。

元々バイトをしながら大学に通っていたホン・ソルですが、大学からの奨学金を受けられることになり復学することを決意。

そして復学すると、突然ユ・ジョンがホン・ソルに優しくし始めるようになります。

食事に誘ってきたり、一緒に映画を見たり、優しく話しかけてきたり。

しまいには、「僕と付き合う?」と言い出します。

 

 

ユ・ジョンの優しさは本心か、罠か…

ユ・ジョンに振り回されるホン・ソルの日々が、再び始まるのでした。

【映画版】チーズ・イン・ザ・トラップの出演キャストは?

主な登場人物を紹介します。

ユ・ジョン役:パク・ヘジン

【プロフィール】

  • 名前:パク・ヘジン 박해진
  • 生年月日:1983年5月1日
  • 所属事務所:マウンテンムーブエンターテインメント

【主な出演作品】

『ドクター異邦人』『星から来たあなた』『マンツーマン』

ホン・ソル役:オ・ヨンソ

 

View this post on Instagram

 

오연서さん(@ohvely22)がシェアした投稿 –

【プロフィール】

  • 名前:オ・ヨンソ 오연서
  • 生年月日:1987年6月22日
  • 所属事務所:CELLTRIONエンターテインメント

【主な出演作品】

『棚ぼたのあなた』『私はチャン・ボリ!』『花遊記』

 

ペク・イノ役:パク・ギヴン

 

View this post on Instagram

 

Morning!!🤗 #데헷

배우 박기웅 Official IGさん(@oopkwoo)がシェアした投稿 –

 

【プロフィール】

  • 名前:パク・ギヴン 박기웅
  • 生年月日:1985年2月13日
  • 所属事務所:JELLYFISHエンターテインメント

【主な出演作品】

『フルハウス TEKE2』『カクシタル』『シークレット・ミッション』

 

そのほかの出演者はこちら!

  • ユ・イニョン
  • パク・サンダラ
  • キム・ヒョンジン

スポンサーリンク

【映画版】チーズ・イン・ザ・トラップのOSTを調べてみた

【映画版】チーズ・イン・ザ・トラップのOSTは、Pastel Loungeという韓国のアーティストが担当しています。

映画ではインストがメインなのですが、良いシーンや素敵なシーンなどで流れる曲としては、『Doo Geun Doo Geun』『Alone』などです。

他にも、ユ・ジョンが裏の顔を見せるときに流れる『Mystery of Yu Jeong』などもあります。

>>YouTubeでOSTを聴く

※別タブで開きます

【映画版】チーズインザトラップを見た感想

『チーズ・イン・ザ・トラップ』は、韓国で絶大な人気を誇るウェブ漫画が原作です。

2016年にはドラマ化され、大ヒットとなりました。

そしてその人気を受け、『映画版チーズ・イン・ザ・トラップ』が制作されています。

この映画版の面白いところは、メインの出演キャストのうち、ユ・ジョン先輩役のパク・ヘジンさんを除いて全員がドラマ版と変更されているところです。

ドラマ版のチーズ・イン・ザ・トラップでは、ホン・ソル役の女優さんが原作のイメージと少し違うという感想があったのですが…

今回の【映画版】チーズ・イン・ザ・トラップでホン・ソル役を演じているオ・ヨンソさん、本当に原作とのシンクロ率が高かったです。

このオ・ヨンソさん、実は原作ファンの「実写化するならホン・ソル役は誰がいいか」という投票で見事1位を獲得していました。

ですので、今回の満を持しての登場、という感じです。

映画版とドラマ版、そして原作と、それぞれの違いを楽しみながら見るのがとても楽しかったですね。

それぞれに少しずつあらすじやキャラクターも違っていますし、それによって抱く感想も全く違ってきます。

特に、出演キャストが一変されていることで、演じているキャラクターにも変化が現れているので、とても面白く見ることができました。

また、ドラマと映画とではあらすじも微妙に違っています。

そのため、映画版を実際見た人の中には、「ドラマのダイジェスト版のような感じ」という感想を持っている人も多かったようです。

 

私はドラマの方を先に見たのですが、どちらから先に見ても楽しめると思います!

ただ、実際に見た感想としては、やはりドラマのあらすじをギュッと凝縮したような感じでした。

映画を見たあとにドラマを見ると、よりユ・ジョンやホン・ソルの心の動きがわかる気もします。

そして、この映画のおすすめポイントはなんと言っても、ユ・ジョン先輩の演じるパク・ヘジンさんの演技力です!

優しい微笑みの裏に隠されている闇の深さを、表情ひとつで表現しているパク・ヘジンさん。

本当にすごいです。

ユ・ジョン先輩のキャラクターを考えると、演じられるのはパク・ヘジンさんしかいないと思います!

それぐらい、ハマり役でした。

出演キャストを一新しても、ユ・ジョン先輩役をパク・ヘジンさんで続投した制作スタッフさんの気持ちがよくわかります!

超ハイスペック男子であるがゆえに、自分に取り入ろうとする周囲の人間を警戒し生きてきたユ・ジョン。

しかし、そんな周囲の人たちとは違う態度を取るホン・ソルに惹かれていくユ・ジョンが、とても素敵です。

 

 

個人的には、イノの片思いがとても切なかったです。

イノには是非とも幸せになってもらいたいと思います。

 

また、ラブストーリーが軸となるあらすじではありますが、ユ・ジョンの過去にまつわるお話しや、ソルのストーカーなど、所々にミステリアスな要素も含まれていて、とても楽しく見ることができました。

 

まとめ

【映画版】チーズ・イン・ザ・トラップのあらすじや感想・レビュー、出演キャストやOSTについてのご紹介でした。

原作やドラマを知っている人なら、それぞれの作品を見比べて見るのもおすすめです。

また、原作やドラマを知らないという人でも、とても楽しめる映画だと思います。

特に、一味違ったラブストーリーが好きな方にはおすすめです。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

CAPTCHA