【大阪国際女子マラソン2020】注目選手一覧まとめ!優勝候補も予想してみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

オリンピックを来年に控えマラソンに注目が集まっていますが、年明けには2020年度の大阪国際女子マラソンが行われます。

2020年1月26日(日)の12時10分にスタートです。

コースはヤンマースタジアム長居~御堂筋・道頓堀橋南詰を折り返す42.195kmとなります。

今回の記事では

  • 大阪国際女子マラソン2020の注目選手一覧まとめ
  • 優勝候補の予想

これらを中心に紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

結論から言うと、今回の優勝候補は小原怜選手です。

2019年9月15日に開催された東京五輪マラソン代表選考会、

「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」

では惜しくも2位と4秒差で3位になった小原選手。

MGCファイナルチャレンジの3レースの1つでもある大阪国際女子マラソンで、優勝を目指してくれるのでは!と期待が高まります。

それではまずは注目選手から見ていきます。

 

スポンサーリンク

【大阪国際女子マラソン2020】注目選手一覧まとめ!

2020年の大阪国際女子マラソンの注目選手はズバリ、

  • 福士加代子
  • 小原怜
  • ファツマ・サド
  • ボルネス・ジェプキルイ
  • 田中華絵

と予想しています!

注目選手1:福士加代子

  • 名前:福士加代子(ふくしかよこ)
  • 生年月日:1982年3月25日
  • 出身地:青森県
  • 所属:ワコール
  • 自己ベスト:2時間22分17(2016年 大阪国際女子 1位)

福士選手は2008年からマラソンをスタートし、2016年の大阪国際女子で優勝、そして自己ベストである2時間22分17秒のタイムを所持するベテラン選手です。

今年に入ってからは名古屋ウィメンズで2時間24分09秒でゴールし、9月のMGCの出場権を取得、結果は7位でゴールインしています。

ここに来て波に乗ってきている期待の選手です。

注目選手2:小原怜

URL:https://twitter.com/Daily_Online

  • 名前:小原怜(おはら れい)
  • 生年月日:1990年8月10日
  • 出身地:岡山県
  • 所属:天満屋
  • 自己ベスト:2:23:20(2016年 名古屋ウィメンズマラソン 3位)

前回、悔しくもオリンピック内定を逃したMGC。

しかもMGCの優勝者は同じ所属である後輩の前田穂南選手で、過去を振り返ると3年前のリオデジャネイロ五輪でも、たったの1秒差で代表に選ばれなかった苦い経験のある選手です。

今までの悔しさを武器に本領が発揮されるのではないかと目が離せません。

注目選手3:ファツマ・サド

  • 名前:SADO, Fatuma(ファツマ,サド )
  • 生年月日:1991年10月11日
  • 出身地:エチオピア
  • 自己ベスト:2時間24分16秒(2015年 トロント 3位)

2019年度の大阪国際女子、優勝者であるファツマ・サド選手。

後半の38km地点からのスパートで、前を走る小原選手を追い抜きトップでゴールイン。

元々暑さに強い選手ですが、大阪国際女子は1月の開催。厳しいコンディションの中、今年も連続優勝を狙おうとしている有力候補です。

注目選手4:ボルネス・ジェプキルイ

  • 名前:JEPKIRUI, Bornes(ボルネス,ジェプキルイ)
  • 生年月日:1994年12月11日
  • 出身地:ケニア
  • 自己ベスト:2時間24分00秒(2016年 ドバイ 4位)

ボルネス・ジェプキルイ選手は今年の大阪国際女子にて先頭集団にいた3人の内の一人です。(結果は3位)

優勝経験が過去に4回度ある実力選手。ファツマ・サド選手と並んで海外選手の中では注目の選手です。

注目選手5:田中華絵

  • 名前:田中華絵(たなか はなえ)
  • 生年月日:1990年2月12日
  • 出身地:東京
  • 所属:資生堂
  • 自己ベスト:2時間26分19秒(2017年 大阪国際女子 3位)

2017年の大阪国際女子が初マラソンの田中華絵選手。

大会出場経験はまだ少ないものの、2018年のアジア競技大会@ジャカルタでは9位でゴールイン(タイム:2時間42分35秒)。

その後も今年はロッテルダムマラソン(17位)、大阪国際女子(6位)と着実に力を付けてきている選手です。

スポンサーリンク

優勝候補は小原怜と予想!

5人の注目選手を挙げましたが、その中でも優勝候補は小原怜選手です。

過去の実績を振り返ってみます。

2016年 名古屋ウィメンズマラソン 2時間23分20秒
(3位・自己ベスト)
2018年 2時間27分44秒
(5位)
2018年 ベルリン 2時間27分29秒
(10位)
2019年 大阪国際女子マラソン 2時間25分46秒
(2位)
2019年 MGC 2時間29分06秒
(3位)

小原選手は2016年の名古屋ウィメンズマラソンをはじめとし、ここ2年の上位入賞が目立ち勢いに乗っていることがわかります。

そして、今年9月のMGCでは同じ所属(天満屋)の前田穂南選手が1位でゴールインしたこともあり、相当なプレッシャーの中本大会に挑むのではないかと予想。

大阪国際女子のコースでは30kmを過ぎた辺りから高低差があり、アップダウンが激しくなります。

後半の粘りが武器の小原選手、この夏の米国高地合宿を経て更にパワーアップしているものと期待できます。

今回は大阪国際女子での返り咲きを期待して優勝候補とさせていただきました。

まとめ

今回は

  • 大阪国際女子マラソン2020に出場する注目選手一覧まとめ
  • 優勝候補の予想

を紹介しました。

今大会の注目選手は

  • 福士加代子
  • 小原怜
  • ファツマ・サド
  • ボルネス・ジェプキルイ
  • 田中華絵

注目選手を把握して大会を応援するとより楽しさが増しますね!

そして優勝候補として、小原怜選手をピックアップしました。

やはり前回のMGCからの悔しさをバネにどれだけ対策ができるかでしょう。

今回の記事で紹介した選手に注目しながら、あなたも選手を応援していきましょう!

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA