帝王の娘スベクヒャン1話の感想やレビュー!チェファが女性たちに嫌われる理由は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

 

今回は噛めば噛むほど味が出ると噂の「帝王の娘スベクヒャン」の感想です。

なんでもこのドラマ、そんなに有名な方が出演していない(失礼)のにもかかわらず、高い評価を受けているとのこと・・!!

ちなみに、Amazon Prime Videoの評価でも星5つ中、4.8を獲得しています!!高評価!!

ざっくりと姉妹が王女の座を巡って争うストーリーということは知っていました。

脚本が歴史に忠実で、無理のない範囲で物語が創作されているとか。

歴史好きな人にはたまらない作品です!私は普段、歴史ものはあまり見ないのですが気になったので観てみました。

 

スポンサーリンク

帝王の娘スベクヒャン第1話感想・レビュー

まず、戦場の場面が多いので人が斬られるシーンや流血シーンが多いです。血やグロテスクなものが苦手な人には少々厳しいドラマかな(汗)

しかし音楽は素晴らしく、シーンや心理状態に合わせて絶妙に音楽が流れ、ストーリーに深みを与えてくれていると感じました。

 

物語は、姉妹が争う場面から始まります。

どうやら姉が妹に復讐をしに来ていて、刀を妹に向けながら「一緒に地獄へ落ちましょう。」と何度も言っていますが、妹は全く動揺していません。

この2人に何があったのか・・・。わからないまま、過去へとお話が戻ってしまいます。

 

このシーンを見ただけでも、2人の女優さんの演技力の高さがわかります。とても迫力あるシーンで、見ているこっちがハラハラドキドキしてしまいました。

妹を憎んでいる姉。でも、打って変わって妹は「あなたは私をころせない。」と余裕の表情。

妹のソルヒ役のソウさんの演技がすごい!!目だけで演技している!!

いかにもムカつく表情で姉を見下している姿が、本当にイライラしていまいます(笑)

何があったのか、今はわかりませんが早く続きを知りたい!!

 

 

時代は6世紀初めの百済(ペクチェ)が舞台。

チェファ(加林城の娘)は、誰にも秘密で佐平様(戦場で戦っている兵士)の子供を身ごもっていました。戦場から佐平様が戻ったら結婚するつもりでいます。

チェファは「赤ちゃんは女の子がいい」と話していたので、このお腹にいる子供が将来、王女の座を争う姉妹のどちらかになるのかな?と思いました。

余談ですが、チェファ様のお世話を担当しているマックムが、いとうあさこさんにそっくり!

初めて出てきたときに二度見をしてしまいました(笑)

 

 

燃灯会(本来は1年の福を仏様に願う行事だが、最近はなぜか男女が相手を探す場になってしまっている)に嫁入り前の最後に参加したい、とのことでチェファはお腹に子供がいるのにも関わらず出かけます。

そこでは、チェファの美貌に男性たちが寄ってきて口説き落とそうとしていました。

チェファはちやほやされて嬉しそう(笑)

しかし、よーく見てみるとその周りの女性たちはチェファを睨み付けたり、「なにあの子。」みたいな顔で見ているのです。

同じ女性としては、いくら美しいといえども何人もの男性に囲まれて嬉しそうな顔をしているのは、いい気はしませんよね。

 

チェファの見る夢は当たると言われていて、そこで不吉な夢を見てしまいます。

戦場から戻った佐平様が王様に戦の報告をしているのですが、王様が「忠誠心があるのなら、私を殺せ。嫌なら自害しろ。」と剣を差し出している・・!

佐平様はその剣を手に取り「王様のためなら喜んで」と言って自ら首を斬ってしまうのです・・!!

なんという夢なんだーーー!!

笑顔で佐平様を待っていれば必ず戦場から生きて帰ってくる。帰ってきたら結婚式を挙げるんだ。と話していたのに・・・。これが正夢になってしまったら悲しいどころじゃないですよね。私だったら生きていられないかも・・。

 

佐平様は王様のいとこで、昔はとても仲が良かったようです。なのにどうして今、佐平様は何度も戦場に行かされているのか?

そして、マックムが「王様は佐平様を憎んでいると噂ですよ。」とチェファに言うのです。2人の間になにかあるとしか考えられない!!

仲が良かった時代に佐平様が王様を裏切る行為をしたのか・・。

これは早く続きを観て確かめなくちゃ!ですね!!

 

スポンサーリンク

チェファはなぜ周りの女性たちに嫌われる理由は?

燃灯会中、チェファが他の女性たちと一緒に橋を渡るシーン。

1人の女性が「この橋は“貞操の橋”と言って、純潔な女性だけが無事に渡れます。汚れた女性が橋を渡れば、魚たちが感づき橋の下に集まるそうよ。」と話します。

チェファが橋を渡ることを拒否すると「身に覚えがあるのかしら?」と笑う女性たち。

いくら嫌いな人でも、そんな嫌味言うー?と思ってしまいました。

チェファが橋を渡ると、他の女性のときは一切魚が寄ってこなかったのに、なんと魚が寄ってきてしまったのです。

そして「やっぱり噂は本当だったのね。」とボソッと言うのです。

 

※ここにもあさこさん←

 

理由1:過去に嫌われることをしてしまった

チェファはその美貌で昔から同性からは嫉まれることは多かったと推測できます。

しかし、その美貌を使って周りの全ての男性を虜にしてしまった……とか?

もしくは、誰かの男性を横取りしてしまった……とか?

ただ単に「綺麗すぎて悔しい!」という嫉みだったらいいのですが(いや、良くはないか?)

周りの女性たちが意地悪すぎて色々考えてしまいました。

理由2:子供を授かっていることがバレてしまっていた

誰にも秘密にしていたけど、子供を身ごもっていることが噂で流れてしまっていたのかな?

「純潔な女性」と言っていたので、子供を授かっているということは汚れているに分類されてしまうのかな、と思いました。

まとめ

チェファは佐平様の子供を身ごもっていて、佐平様が戦場から帰ってくるのを待っています。

しかし、そんなとき不吉な夢をみてしまいました。チェファのみる夢は当たる、と言われているのですが 佐平様が王様の命令で自害してしまうのです。

これは正夢になってしまうのか?

そして、お腹の子供は女の子なのか?

女の子だとしたら、将来の姉妹のうちのどちらかなのか?

 

どうしてチェファがあんなに女性たちから嫌われているのか考えてみましたが

  • 過去に嫌われることをしてしまった
  • 子供を授かっていることがバレてしまっていた

だと思います。

とりわけ、過去に嫌われることをしてしまったが有力でしょう。

 

気になることばかりですね!第2話では、どこまでわかるのでしょうか?

続きが楽しみです!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA