韓国ドラマ『テンポガールズ』のあらすじや出演キャスト・OSTは?感想とレビューも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

 

2019年4月26日からKNTVで日本初放送の韓国ドラマ『テンポガールズ』。

この作品は、2017年に巨済(コジェ)島の学生がダンスに奮闘する日々を撮影したドキュメンタリー番組をドラマ化した話題作。実話を元にした注目の青春ラブロマンスです!

主演のパク・セワンは本作品でKBS演技大賞の新人賞を受賞。そんな彼女に恋する相手役は、韓国版『ソロモンの偽証』で主演したチャン・ドンユンが務めます。

それでは早速、

話題作の韓国ドラマ『テンポガールズ』のあらすじや出演キャスト・OST、感想とレビューをご紹介していきますね!

 

 

スポンサーリンク

韓国ドラマ『テンポガールズ』のあらすじは?

 

物語の舞台はかつて栄えたが不況でリストラの進む地方都市、巨済(コジェ)。

シウン(パク・セワン)は女子商業高校に通う高校3年生。田舎での暮らしや母の小言にうんざりし、ソウルの大学への進学を夢見ていました。しかし家計の苦しさから諦めるよう言われてしまいます。

そんな時に発見したダンススポーツ部員を募集するポスター。大学進学に少しでも有利になるのではと考えたシウンは入部するのでした。

 

スンチャン(チャン・ドンユン)は、亡き母に教わった社交ダンスが得意な男子学生。シウンとは幼馴染であり、犬猿の仲ではあるものの内心はシウンに想いを寄せています。

友人を巻き込んでダンス部に入部したシウンは、大会優勝を目指してイ先生(キム・ガプス)の指導の元、練習を始めます。徐々に仲間たちとの絆を深め、過去の悲しみを克服していく彼女を見て一層想いを強めるスンチャン。

巨済の美しい自然の中、ダンスを通して自分と向き合い成長していく少女たちを描いた青春ラブロマンスです!

韓国ドラマ『テンポガールズ』の出演キャストは?

あらすじからもわかるように、出演キャストはほとんど若手中心。

「こんな青春を送ってみたかった」そんな感想・レビュー通りの熱い友情の物語を見せてくれた出演キャストをご紹介していきます!

キム・シウン役:パク・セワン

 

【プロフィール】

  • 名前:パク・セワン(박세완)
  • 生年月日:1994年9月24日
  • 所属事務所:ファイブラザーズ

パク・セワンさんは公式には2016年にデビューしていますが、実は過去に未公開の映画があるなど、下積みの長い女優さんです。

人気ドラマ「トッケビ」で、短いエピソードでしたがインパクトのある幽霊役を演じ注目されました。そして、本作品でKBS演技大賞の新人賞を受賞、一躍トップ女優入りを果たします。

本作品で演じるのは、巨済での暮らしに嫌気がさしソウルに行くことを夢見る少女シウン。

そんな少女がひょんなことで入部したダンス部で繰り広げられる青春ラブストーリー。仲間との絆を深め、自身の悲しい過去を克服していくシウンの姿は見る人に温かい気持ちを抱かせてくれます。

 

【主な出演作品】

『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』『一緒に暮らしますか』『ロボットじゃない~君に夢中!~』

クォン・スンチャン役:チャン・ドンユン

 

【プロフィール】

  • 名前:チャン・ドンユン(장동윤)
  • 生年月日:1992年7月21日
  • 所属事務所:クローバーカンパニー

チャン・ドンユンは、コンビニ強盗を捕まえたことで芸能事務所の目に止まり芸能界入りしたという異例な経歴の持ち主です(;・∀・)

2016年に韓国版「ソロモンの偽証」に主演し一躍注目を浴びるようになりました。

本作品では、シウンの隣の学校に通う幼馴染スンチャンを演じています。厳しい父に逆らえずにいるが、実は社交ダンスが得意であり、密かにシウンに想いを寄せているという役どころです。

 

【主な出演作品】

『ミスターサンシャイン』『学校2017』『ソロモンの偽証』

パク・へジン役:イ・ジュヨン

 

この投稿をInstagramで見る

 

#JAINSONG

이주영さん(@izoo_young)がシェアした投稿 –

 

【プロフィール】

  • 名前:イ・ジュヨン(이주영)
  • 生年月日:1987年4月24日
  • 所属事務所:Y1エンターテインメント

イ・ジュヨンさんはモデル出身。2016年の短編映画「身代金」で本格的に女優デビューしました。

その後も映画女優として活躍、短編映画大賞において賞を受賞するなど徐々に注目を浴びています。

本作品で演じるのは、クラスの誰とも打ち解けようとしないクールな学生。イ先生とのある約束からシウンと同じダンス部に入部するも、全くやる気のない様子でシウンとぶつかります。

 

【主な出演作品】

『ライブ~君こそが生きる理由~』『身代金』

その他の出演キャスト

  • キム・ガプス
  • チュ・ヘウン
  • シン・ドヒョン

韓国ドラマ『テンポガールズ』のOSTを調べてみた!

ここまでドラマのあらすじと出演キャストをご紹介してきました。

ダンスが主軸であり音楽が多く出てくるドラマに、どんなOSTが流れているのか気になりますよね!早速見ていきたいと思います♪

 

 

こちらの予告動画の背景に流れるのはPrin&ミョン・ジノによる“私たちの物語”。

ダンスに使うテンポの歌詞が入っておりゆったり明るい曲調で、彼女たちを応援しているようなリズム感のあるOSTです。

 

ほかにも、男性アイドルグループ超新星の元メンバーであるソンモもOSTに参加したことでとても話題になりました。ソンモのOSTがとても良いタイミングで流れる、ドラマを織り上げてくれるとの感想やレビューも多数ありました!

  • “Take My Hand”:ホン・テグァン
  • ”BerryGood”:Vamos
  • “Sunshine”:ソンモ

韓国ドラマ『テンポガールズ』を見た感想とレビュー

予告編を見た時から、実話が元のあらすじということもあり楽しみにしていたこちらのドラマ。

恩師と生徒との信頼関係や、目標に向かってみんなで努力していく青春のストーリーは見る人の心を温かい気持ちにさせてくれます。

 

実話が元だからこそみんながハッピーエンドという展開ではなかったものの、だからこそ共感できたというのが一番の感想です。

18歳の少年少女が現実の厳しさに気づくまでの成長の過程は、とても現実的であるがゆえに視聴者の心に響いたのだと思います。

 

 

そしてSNSのレビューにあるように、まだ駆け出しの女優さんたちが出演しているからこその新鮮味があり、見始めるとあっという間でした。

 

また、若手中心の出演キャストの中で先生として出演されていたイ・ガプスさんの存在感は大きかったですね。

劇中で、イ先生のような立派な恩師の存在は永遠のファンタジーだとシウンが言う場面がありました。イ・ガプスさんはそんな生徒たちの心の拠り所を素敵に演じられており、さすがベテラン俳優さんだという感想やレビューも多く見られました。

 

嘘のようなハッピーエンドではないからこそ、とても現実味を帯びた青春ラブストーリー。

等身大に演じた若手俳優さんたちのケミストリーと、子供たちの成長を描いたあらすじは、見る人すべてに癒しと希望を与えてくれること間違いなしです!

まとめ

以上、韓国ドラマ『テンポガールズ』のあらすじや出演キャスト・OST、感想やレビューをご紹介しました。

 

韓国で話題になったドキュメンタリー番組を、その人気からドラマ化した本作品。

広大な自然の中で、恩師や仲間と目標に向かって努力し成長していく姿はまさに青春そのもの。

 

心洗われる純粋な気持ちを思い出させてくれるドラマ『テンポガールズ』、ぜひ一度視聴いただきたいおすすめドラマです!

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

CAPTCHA