【TWO WEEKS】あらすじや出演キャストは?韓国版原作と日本語版で結末の違いを比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

 

2019年7月16日火曜9時からフジテレビで放送開始されるドラマ『TWO WEEKS』。

韓国版の原作では、出演キャストのひとりであるイ・ジュンギさんが初の父親役を務めたことでも話題となりました。

原作は大ヒットとまではいかなかったものの、イ・ジュンギさんの圧倒的な演技力が再評価されるきっかけとなった作品のひとつです。

 

父親が娘の命を救うために逃走するというあらすじのため、出演キャスト陣のアクションシーンも多く盛り込まれている作品となっています。

スリリングな展開の連続で、最後の結末まで一時も目が離せないドラマです!

今回は

  • 【TWO WEEKS】あらすじや出演キャストは?
  • 韓国版原作と日本語版で結末に違いはある?

この2点を中心に見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

【TWO WEEKS】日本語版のあらすじは?

 

結城大地は過去に犯した罪により、服役していた過去を持っていました。ある出来事により心に傷を負い、人生に希望を抱くことができずに生きている日々。

彼は毎日虚無感にさいなまれながら毎日を過ごしていたのです。

しかしそんなある日、彼の前に昔の恋人がやって来ます。

彼女は、結城大地が人生において唯一心から愛した女性であり、彼の心に傷を負わせた出来事により別れることになった女性でした。

そして彼女は、結城と自分との間に子どもがいるという事実を告げます。

その子どもは現在8歳になる「はな」という女の子。

 

自らが知らぬ間に父親になっていたという事実に衝撃を受ける結城でしたが、さらに衝撃的な話を打ち明けられることになります。

娘のはなが、白血病を患っており、大変危険な状態であるというのです。

さらに彼女は、「骨髄移植をしなければ、はなの命が助からない」と言うのでした。

 

自分に娘がいるということに当初は戸惑っていた結城でしたが、初めて病院ではなと出会ったときに、父性が芽生えます。

そして、結城ははなのドナーになることを決意。

ドナー検査により結城がはなのドナーに適合したことで、骨髄移植が行われることになります。

 

はなと出会い、父親として生きることの喜びを感じ始める結城。

しかし、骨髄移植の手術まで残り2週間となったある日、結城は人をあやめた犯人として突然逮捕されてしまうのです。

結城大地は、何者かの罠にはめられてしまったのでした。

2週間後に迫った骨髄移植を行わなければ、はなの命を救うことができません。

逮捕されたままでは、手術を行うことができないと考えた結城は、愛する娘の命を救うため、逃走することを決意します。

そこから、結城を追う警察と検事、さらには彼の命を狙う黒幕や追手達からの決死の逃亡劇が始まるのでした。

 

タイムリミットは2週間。

結城大地は無事に逃げ切り、愛する娘であるはなの命を救うことができるのか…?

愛する人の命を守るために命を賭ける、スリリングなドラマです!

 

スポンサーリンク

TWO WEEKSの出演キャストは?日本語版(リメイク版)と韓国版(原作オリジナル)を比較!

日本リメイク版『TWO WEEKS』の出演キャスト陣は、原作とは違い若手出演キャスト陣が起用されていますので、原作とままた異なる雰囲気能力キャラクターになりそうです。

結城大地役(三浦春馬)とチャン・テサン役(イ・ジュンギ)を比較

 

この投稿をInstagramで見る

 

NHK【世界は欲しいモノにあふれてる】今夜22時45分からです!今回はタイのオーガニックフード 癒されること間違いなしっ! バイヤーさんも聡明で男前っ!お楽しみにっ!🐎✨ ———————————————————————— NHK TV show called “sekaiwa hoshiimonode afureteru” will be broadcasted from 22:45 tonight !! You can shorten the title to “Sekahoshi” This time focuses on organic of Thai food. You’ll definitely be soothed by watching this episode!! And let me just add to say that today’s buyer is handsome and intelligent!! Don’t miss this episode 😎🐎 ———————————————————————— #せかほし

Haruma Miura 三浦春馬さん(@haruma_miura_info)がシェアした投稿 –

 

【プロフィール】

  • 名前:三浦春馬
  • 生年月日:1990年4月5日
  • 所属事務所:アミューズ

【主な出演作品】

『14歳の母』『ラスト♡シンデレラ』『進撃の巨人』

 

韓国版原作のイ・ジュンギさん演じるチャン・テサン役を演じるのは、若手実力派俳優の三浦春馬さんです。

三浦春馬さんは、1997年に子役としてNHKの連続テレビ小説『あぐり』でデビュー。

2006年には、中学生が母親になる、という衝撃作である『14才の母』に相手役として出演し、話題を集めました。

その翌年には、映画『恋空』で第31回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、実力派俳優としての地位を確立しています。

近年は舞台『キンキーブーツ』で見事な女装役を演じていることでも注目されている三浦春馬さん。

今作では初の父親役ということで、今までとは一味違う三浦春馬さんを見ることができるのではないかと思います!

 

▼イ・ジュンギさん

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thankyou all of you❤💖 See you again😘 and. Good night ! 🙏🥰

배우 이준기 a.k.a Actor JG !李準基さん(@actor_jg)がシェアした投稿 –

月島楓役(芳根京子)とパク・ジェギョン役(キム・ソヨン)を比較

 

この投稿をInstagramで見る

 

フォロワーさん40万人とな、、! ありがとうございます! また今度ストーリーで質問返しします☺︎ #film

芳根京子さん(@yoshinekyoko)がシェアした投稿 –

 

【プロフィール】

  • 名前:芳根京子
  • 生年月日:1997年2月28日
  • 所属事務所:ジャパン・ ミュージックエンターテインメント

【主な出演作品】

『海月姫』『高嶺の花』『累―かさね―』

 

韓国版のキム・ソヨンさん演じるパク・ジェギョン役を演じるのは、芳根京子さんです。

ドラマ『ラスト♡シンデレラ』でドラマデビューを果たしたあと、次々と話題作に出演。

主演映画『累―かさね―』では日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、その演技力には定評があります。

今最も勢いのある若手女優さんの一人です。

今作では、主人公の結城大地を追う、正義感溢れる新米検事を演じますが、これが自身初の検事役なんだそうです。

韓国版の原作よりも若い設定のようですので、リメイクならではのフレッシュな検事姿が見られるのではないかと思います。

 

▼キム・ソヨンさん

 

青柳すみれ役:比嘉愛未とソ・イネを比較

 

青柳すみれ役には比嘉愛未さんがキャスティングされています!

比嘉愛未さんは『コード・ブルー』に出演され、朝ドラの『どんと晴れ』の出演歴がありますね。

 

はな役:稲垣来泉とソ・スジンを比較

 

はな役には、稲垣来泉ちゃんが抜擢!

白血病を患った少女という難しい役どころで、韓国版のソ・スジンさんは放送当時高い評価を得ました。

稲垣来泉ちゃんの演技に期待がかかりますね…!

 

▼ソ・スジン(真ん中の女の子)

 

冷酷な殺し屋・灰谷役:磯村勇斗

 

『今日から俺は!!』で強烈なインパクトを残した磯村勇斗さんが。自身初のころし屋の役に挑戦。

主人公・結城の敵かそれとも味方か、それすら今は謎の男です。

結城とのアクションシーンが見逃せません!

 

その他の出演キャスト

  • 久我早穂子役:黒木瞳
  • 柴崎要役:高嶋政伸

 

スポンサーリンク

【TWO WEEKS】韓国版原作と日本語版で結末の違いを比較

 

イ・ジュンギさんの抜群の演技力とアクションシーンが話題となった、韓国版『TWO WEEKS』。

原作は逃亡劇を中心としたあらすじですのでアクションシーンが多く、スピーディーなストーリー展開が魅力の作品でした。

日本語版も原作とほとんど同じようなあらすじとなっているようですので、主人公を演じる三浦春馬さんのアクションシーンが多く見られるかもしれません。

 

韓国版原作と日本語版リメイクでの主な比較ポイントが次の3つだと思います。

  1. 日本語版オリジナルストーリーで結末に違い?
  2. 原作と結末が異なる?
  3. 結城大地と月島楓のラブラインの可能性!?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

日本語版オリジナルストーリー展開で結末に違い?

現時点では、三浦春馬さんと芳根京子さん以外の出演キャストが発表されていないため、不明な点が多いのですが、日本語版オリジナルのストーリー展開も加えたドラマになるようです。

原作ではテサンの逃亡劇が中心に描かれていたのですが、リメイク版ではジェギョン役を演じる芳根京子さんからの視点も織り交ぜながら物語が進んでいきます。

ジェギョンの過去や父親に関するストーリー、ジェギョンの心の動きなどが、韓国版よりも深く掘り下げて描かれる可能性がありますね。

結末は原作とは異なると予想!

 

加えて、発表されている配役などから予測するに、原作とは違った結末になるのではないかと思います!

韓国版では、イネが最後に誰を選ぶのか、テサンが今後どのようにして生きていくのかなどの結末が曖昧に描かれていました。

ラストシーンのイ・ジュンギさんの笑顔からも分かるように、悪い結末ではなかったのですが、日本語版ではこの辺りのことが詳しく描かれるのではないかな、と思います。

結城大地と月島楓のラブラインの可能性!?

また、検事役の芳根京子さん演じる月島楓がヒロインとして描かれるようなので、もしかすると、三浦春馬さん演じる結城大地と月島楓のラブラインが日本語版のオリジナルとして描かれるかもしれません。

この辺りも、韓国版との違いを比較しながら見ていくことができそうで、今から楽しみにしています。

 

それとも比嘉愛未さんとのラブライン…?

むむむ、気になるゾ。

 

原作の複雑な人間関係をどこまで再現できるか?

さらに韓国版との違いとして考えられるのが、主人公の命を狙う者たちの存在と、それに伴う複雑な人間関係です。

韓国ドラマは、日本のドラマと比較しても登場人物が多いため、人間関係がとても複雑になることが多く、それにより物語もより複雑になり、面白さが増しているのだと思います。

この『TWO WEEKS』にもたくさんの登場人物がいますので、日本語版ではその辺りがどこまで再現されるのかも気になるとろです。

日本のドラマは韓国のドラマと比較しても話数が少ないですから、原作よりももっとスピーディーな展開になるかもしれません!

まとめ

今回は、『TWO WEEKS』のあらすじや出演キャスト、韓国版原作と日本語版における結末の違いの比較についてご紹介しました。

韓国版はとても面白く、最終回までハラハラドキドキさせられっぱなしのドラマでしたので、日本語版も同じようなドラマになることを期待したいです。

原作を見たことがある人ならば、違いを比較しながら見ることができ、より一層楽しめると思います!

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

CAPTCHA